前へ
次へ

学校に行くことができない子どもも増えています

学校に行って教育を受けることは当たり前、という考えがあります。しかし様々なトラブルを抱えていて学校に行くことができないという子どももいます。そんな子どもたちのサポートをしてくれる施設もあります。学校に行くことができなくてもサポートをしてくれるところに通うことで心のケアを行うことが出来る、ということもあります。学校に行くことができないという罪悪感も感じることもありません。勉強もフォローしてくれるようになっていますし、様々な行事、イベントも用意をしてくれているので自分らしさを身につけることも出来るようになります。サポートをしてくれている施設を利用することによって、自分のやりたいことも見つけることが出来るということがあります。学校に行くことが全てではありませんし、学校に行かなくても高校や大学に進学をする手段もあるので、自分のペースで勉強をしていけばよいですし、無理をして学校に通う必要もありません。

Page Top