前へ
次へ

上司からの教育、指導で間違っていること

最近、会社の上司がどんどんおかしくなっています。言動、行動ともに、何を言っているのか理解に苦しむ時が多々あります。まず上に立つ人間として、持っていなければならないものはあると私は考えます。まず、一番大切なことは責任は部下ではなく、自分がとること。部下に責任をなすりつけない。当たり前のことのように思いますが、出来ない人が多くいると思います。よくあるケースが沢山のことを指示するが、その指示したことが失敗した時は部下の責任になるとかです。次に大切なことは、ブレない経営方針だと思います。先日まで言っていたことがコロコロ変わること、毎期毎期言ってることが変わること、時には方向転換も必要であるとおもうが毎回変わるのは経営者として如何なものかと思います。最後に広い心を持ち、信頼を得ること。信頼の出来ない人に指示やお願いをされてもその上司のためにしたいと思いません。この人の為ならと部下が率先して動くような信頼関係がないといけないと思いますし、そうでないと会社が成り立たないと思います。以上のことより、上司から部下への間違っている教育についての記事でした。

Page Top