前へ
次へ

知っておきたい子供の教育にかかる費用

子供がいる場合に大きな出費となるのが教育費用です。貯蓄等だけで賄える家庭でなければ他から工面をすることになり、その場になって慌てないためにも事前に準備をしておくことが大切になります。具体的な教育費用に関しては参考平均額等が文科省をはじめとする各団体からも公表されており、例えば幼稚園の場合には公立で年間約22万円・私立であれば約50万円近い金額です。また、小学校では年間約32万円・私立では153万円と大きな開きがあり、仮に高校、大学までを公立としたとしても優に1000万円を越えることになります。因みにオール私立とした場合では約2500万円程度かかるとされており、大学など、地方から通う場合には加えてアパート代や生活費もプラスされます。教育費用に対応する手段としては、貯蓄・学資保険・教育ローン・奨学金の4つがあります。一般的に学資保険や教育ローン・奨学金は多く利用されており、申込をする際には余裕を持ったうえで行うことが大切になります。理解しておきたいのは、1つには学資保険はあくまでも保険商品であること、2つには教育ローンには公的と民間があることです。特に民間の場合には様々な商品があり、利用する際には内容をよく確認した上で判断をする必要があります。

Page Top