前へ
次へ

本来であれば一番大切な道徳教育

小学校で道徳の授業があった記憶がある人も多いでしょう。しかし、遅れている他の科目の振り替えに使ってしまうという教員も多いです。そうなると道徳の授業が中々出来ないということになってしまいます。本来であれば一番大切な科目なので、振り替えに使ってしまうようなことがあってはいけません。正解がない科目だからこそ、色々考えることが出来ますし、実は社会に出た時に一番役に立つのが道徳です。他人のことを考える、気持ちを考慮するなど人として必要なことを学ぶ場です。テストなどもないので、模範解答で対応をする必要もありません。また子どもの意見を聞いて教員も子どもの考えを知ることができます。要注意となるような子どもを見つけるきっかけにもなるので、積極的に授業を行わなければいけません。時代とともに道徳の考え方も変わってきているので、時代に合うような教材を取り上げるということも必要になってくるでしょう。実際に起きている問題を教材にすることもあります。

Page Top