前へ
次へ

学校教育の場で問題になっていること

障害を持っている子どもを受け入れることが出来る学校の数も増えてきています。しかし中には対応をすることができないということで入学を拒否する学校もあります。学区内で障害を持っている子の入学を受け入れてもらえない場合、入学できる学校のある学区に引っ越しをするという家庭もあります。しかしそうなると入学できる学校の負担も増えてきてしまいます。健常児に負担がかかってしまうというところもあります。教育の場でも問題になっていることがあります。1人の子どものために多くの時間を使わなければいけなくなったり、授業が中断されるようなこともあります。そうなると勉強も遅れてしまうということになります。障害を持っている子どもを受け入れていない学校のほうが勉強も進むと言う傾向があります。障害を持っている子どもの親は自分の子どものことしか考えていないということもあるので、トラブルになってしまうことがあり、教育現場でも問題になることがあります。

Page Top